【教育】小学生からの「プログラミング」教育

2014年05月05日(月)

平成24年度に完全実施となった新学習指導要領で技術家庭科に「プログラミング」の授業が必須化されました。

アメリカ大統領バラク・オバマ氏やfacebookのCEOマーク・ザッカーバーグ氏も、プログラミングを学ぶ必要性を訴えています。

アマゾンの配達システム、車の自動操縦システムなど、人間に変わり、機械ができる多くの可能性に注目されている今、プログラミングは欠かせないものとなっているようです。

TS

12歳(2011年)のiPhoneアプリ開発者であるトーマス・スウォレズはこのようなプログラミングのスキルは何歳からでも学べると言っています。
そして、世界には子ども向けのプログラミングが学べるサイトがあります。

子どもでも楽しく学べるプログラミングのサイト3選!(日本語対応編)

1. Scratch
8~16歳向け。MITメディアラボが開発した子供用のプログラミング環境です。
物語や、ゲーム、アニメーションを作ることができ、プログラミングの基礎や、ソフトウェアの開発について楽しく学ぶ事ができます。

scratch

2. Hour of Code
たった1時間でコーディングの基礎を学べるサイトです。最初のレッスンでは、アングリーバードと共に、楽しく分かりやすく学ぶ事ができます。

code

 

3. "プログラミン"(文部科学省)
プログラムの最も基本となる概念に触れ、楽しみながらルールを発見していくことができるよう、設計されています。

programin1

 

お子様と一緒に楽しく、プログラミングを学んで、発想力を形にしてみませんか?

◇ニュース検索ワード -