2017年F1カーナンバー表

【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「F1タイトル獲得に向けてさらなる努力を行っていく」

2016年11月28日(月)3:00 am

マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソが、ヤス・マリーナ・サーキットで行われた2016年F1最終戦(第21戦)アブダビGP決勝を終えて次のようにコメントした。

●【決勝タイム結果】第21戦F1アブダビGP決勝レースのタイム差、周回数、ピット回数

■フェルナンド・アロンソ「今年はロズベルグが勝つ番だった」
決勝/10位

「レースはよかったよ。楽しかった。だけど同時に難しいものでもあった」

「フォース・インディアとウィリアムズに対抗するためにできることは本当になかった。だけど最後の1周まで戦い抜いたし、かなり接近するところまでいけた。だから、今日はポイントを獲得できて満足だし、自分たちがコンストラクターズランキング(6位)とドライバーズランキング(10位)で達成した順位にはうれしく思っている」

「全体的に、今シーズンはよかったよ。2015年に比べれば大きな進歩を示すことができたからね。だけど、僕たちはF1タイトルを勝ち取ることを望んでいるんだ。そして、それを達成することができるようになるまでの道のりはまだ遠い。それでも、これから長い冬を迎えるし、オーストラリア(来年の開幕戦)にはもっと競争力のあるパッケージで臨むことができるよう懸命な努力を行っていくことになる」

「ジェンソン(バトン)の最後のレースが早く終わってしまったのは残念だ。だけど、彼は来年も一緒だし、新たな役割を通じて彼は僕たちの大きな資産になるはずだ」

「最後に、ニコ(ロズベルグ/メルセデスAMG)のことを本当にうれしく思う。彼は素晴らしいシーズンを送ったし、チャンピオンにふさわしいよ。彼は常に自分の可能性を信じていたし、自分のアドバンテージを完ぺきに生かした。彼とルイス(ハミルトン/メルセデスAMG)はどちらも素晴らしい仕事をしたけれど、今年はニコが勝つ番だったんだ。ルイスはすでに3回もタイトルをとっているんだからね!」

●【決勝レポート】ロズベルグが初チャンピオン! ホンダ勢はアロンソ10位もバトンはリタイア/F1アブダビGP
●【動画】新F1ワールドチャンピオン誕生の瞬間、ロズベルグは喜びを爆発させドーナツターン
●【F1ラスト動画】ジェンソン・バトン、最後のグランプリはリタイア 映像でトラブルの瞬間も/F1最終戦アブダビGP

●【マクラーレン・ホンダ】バトン「よりによって今日サスペンションが壊れるなんて」
●【マクラーレン・ホンダ】長谷川祐介「明日からはフルパワーで2017年の開発を進める」
●【マクラーレン・ホンダ】ブーリエ「バトンとロズベルグに称賛の言葉を送りたい」

TopNews最新ニュースを読もう!
前後の記事
TopNewsを読もう!
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック