2017年F1カーナンバー表

【マクラーレン・ホンダ】長谷川祐介「明日からはフルパワーで2017年の開発を進める」

2016年11月28日(月)3:34 am

ホンダF1プロジェクト責任者の長谷川祐介が、ヤス・マリーナ・サーキットで行われた2016年F1最終戦(第21戦)アブダビGP決勝を終えて次のようにコメントした。

●【決勝タイム結果】第21戦F1アブダビGP決勝レースのタイム差、周回数、ピット回数

■長谷川祐介(ホンダF1プロジェクト責任者)

「まず、長い2016年のF1シーズンを通じていい仕事をしてくれたマクラーレン・ホンダのチームメンバー1人ひとりに感謝したいと思います。今年も困難な年でしたが、我々が一緒に達成してきたことに対して非常に誇りを持っています」

「アブダビGPはほろ苦いものとなりました。ジェンソン(バトン)が序盤にリタイアとなってしまったからです。しかし、彼はいいレースをしましたし、コース上では短い時間の中でうまく戦ってくれましたし、それが彼がやりたいと望んでいたことでした」

「フェルナンド(アロンソ)は見事なレースをし、チェッカーフラッグを受けるまで激しく攻めていくというファイティングスピリットを示してくれました。困難なレースでしたし、ポイント圏内でフィニッシュすることができたことをうれしく思っています。その観点からは、チームのためによかったと思っています」

「明日からは、フルパワーで2017年に向けた開発を進めていきますし、冬の数か月の間に我々の力を上げていきたいと思っています」

「最後になりましたが、我々の友人であり、仲間であり、ヒーローであったジェンソンに感謝したいと思います。来年はすべてのレースでその姿を見ることができなくなるのは非常に悲しいことでしょうが、君も我々と一緒にいられないことをすごくさびしく思うに違いないと思います。またすぐに会いましょう!」

●【決勝レポート】ロズベルグが初チャンピオン! ホンダ勢はアロンソ10位もバトンはリタイア/F1アブダビGP
●【動画】新F1ワールドチャンピオン誕生の瞬間、ロズベルグは喜びを爆発させドーナツターン

●【F1ラスト動画】ジェンソン・バトン、最後のグランプリはリタイア 映像でトラブルの瞬間も/F1最終戦アブダビGP
●【マクラーレン・ホンダ】バトン「よりによって今日サスペンションが壊れるなんて」
●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「F1タイトル獲得に向けてさらなる努力を行っていく」
●【マクラーレン・ホンダ】ブーリエ「バトンとロズベルグに称賛の言葉を送りたい」

TopNews最新ニュースを読もう!
前後の記事
TopNewsを読もう!
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック